富士山には様々な形の雲が発生しますが、古くから天気の変わるきざしとして、観察されてきました。
これらの雲は、山に吹きつけた風が山頂へと上昇するうちに、湿気を含んでいると発生するのです。
帽子をかぶったようにみえる笠雲や東側に楕円のような特殊な形をした吊し雲が現れたら、天気が悪くなり、降水確率も高くなります。

最新の気象情報に耳を傾け、落雷や台風にも注意しましょう。